ちんぺいとMINMINのぼのぼのらいふ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちん様と日本半周の旅2014(幻の初日)
夫(鮎サブちゃん)が勤続20年で長期休暇がもらえた今年。
2月14日(金)この夜、我が家は2週間の旅に出発の予定でした。
しかし残念な事に関東甲信越、観測史上最高積雪の幕開けの日でもありました。
夜中まで除雪をして出発の機会を狙いました。
しかしあまりの積雪量、交通機関も軒並みストップしているニュース。
深夜2時に心が折れ出発断念、オリンピックのフィギュア観戦、羽生君の応援。
大雪で幻となった初日15日の予定
朝から伊勢神宮参拝→午後、鳥取砂丘→出雲大社参拝→出雲宿泊(全てキャンセル)

15日外を見るのが怖かった・・・
予報の大雨で溶けることを祈りましたが・・・・
雨降らず
雪の重みで玄関扉は数センチしか開かず指が出るのがやっと。
隙間から時間をかけてやっと玄関開通。
しかし。。。その先も見通しがつかないほどの積雪

我が家は袋小路の奥なのでまず主用道路までご近所さん達と除雪
雪を置く場所も無いほどの積雪で難航

国道までは200m、そこまで除雪できれば、国道は除雪車がなんとかしてくれるはず
この積雪でも出発は諦めません

20140215_070931.jpg
20140215_121224.jpg
20140215_121845.jpg
皆で力を合わせたおかげでなんとか国道まで開通
夕方5時過ぎ国道に除雪車が入った情報が入り、無謀だと思いながら、強行出発
出発して100mも進む前に後悔と恐怖を感じるほどの悪路走行でした
国道は3台の除雪車が作業をしていましたが・・・・
乗り捨てられた乗用車、トラック、バスの数が多くて難航難航大難航
進むためにはスコップで自力で除雪しなが進むしかありません
持参したスコップがどれだけ活躍したことか。
乗り捨てられたトラックやバス、さながら終末映画の光景を目にしている様でした。
20140215_190706.jpg
20140215_193410.jpg
20140215_200441.jpg
2台先のスタックしたトラックの助っ人に走る鮎サブちゃん。
20140216_002354.jpg
何度ももう終わった、身動き取れないという状態に陥りました。
その度、助けたり、助けられたりで我車はなんとか切り抜けることができました(感謝)
東名が開通している沼津IC目指し走ります。
夕方6時半出発、通常ならば2時間の距離も、深夜3時頃、休憩なし8時間強の時間をかけて
無事高速に乗ることができました、ラッキーだったとしか言いようがありません。
反対車線は身動きが取れなくなって2日目に突入する車の列が一般道、高速と数十キロ繋がっていました。


高速に乗ってからは快適走行です。
鮎サブちゃん、悪路走行でアドレナリン出過ぎたのか、全く仮眠も取らず
前日は1日雪かきして疲れているはずなんだけど・・・・
三重県御在所SAのドッグラン
雪の無い地面、ちん様も快適走行
20140216_082403.jpg

吉備SA、岡山県だから桃太郎さんの像
お昼休憩中、車中でおにぎり食べていたら、バチンと車に当たる大きな音
強風でお隣の扉が勢いよく車の脇腹直撃
あの雪道を切り抜けて来たのに。。。ここでこれ
保険会社やら何やらの手続きで足止め
なかなか進ませてくれない今回の旅・・・
怪我もないしこれくらいで済んでいるんだから良しとしておきましょう。
20140216_135052.jpg

家を出るときのカーナビ到着予想は11時間後の山口県長門湯本温泉利重旅館
いろいろあって到着までに24時間かかりました
無事に?到着出来でほ~っとしました
宿泊料金ビジネスホテル並みにお安いですが
お食は品数も多く、とても美味しいです(お部屋出し)。
山口県名物のフグ刺しも出ました。
旅館はめっちゃ昭和の香り
古き良き時代を思い出したい方にはとってもお勧めです
お布団は清潔感ありますが、重いです(昔懐かしくてたまには良い感じ?)

序盤ハプニング、スリリングな旅になりました
しっかり睡眠とって明日から仕切り直しで楽しむぞ~
PhotoGrid_1392652709317.jpg
PhotoGrid_1392547448640.jpg
【2014/03/11 13:20】 わんことおでかけ | トラックバック(0) | コメント(-) |
trackback
trackback url
http://chimpei.blog50.fc2.com/tb.php/364-f4a39732
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。